税理士は税義務の適正な実現を図る

###Site Name###

税理士とは税務に関する専門家で、独立した公正な立場において申告納税制度の理念にそって納税義務者の信頼にこたえます。
税務に関するスペシャリストで書類作成や税務相談に応じ会計帳薄の代行をし、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とされます。

安心、信頼の粗大ゴミ 東京が勢いに乗っています。

税理士は税理士法に定める国家資格です。

税理士法とは制度を定める法律のことをいいます。

命令、職務などを定めるほか、無資格者の税務の取り扱い禁止、税務を取り扱う表示の禁止などを定めています。

日本以外でこの資格制度をもっている国はドイツ、オーストラリア、韓国です。税務は法人と個人事業主で異なる点もありますが、大きくは法人税や所得税等の申告のことを示します。


租税の賊課・徴収に関する行政事務です。税理士には3つの独占業務があります。
税務代理業務、税務相談、税務書類の作成があります。

税務代理業務は税に関する法令に基づいて申告・申請の立会、税務署の決定に不服のある場合の不服申立てや届出その他について代理します。


その他会計業務や社会貢献などの業務があります。

電話代行情報を利用してみませんか?

税理士になるには会計学2科目、税法1科目、選択科目2科目の5科目に合格することが必要です。

一回で合格しなくても積み重ねで良いです。
これに合格したらさらに国家試験で合格し、2年以上実績経験を積む必要があります。

明日に役立つの知識を増やしてみませんか。

一度合格すると生涯有効です。

独立開業するには、日本税理士連合会に登録します。
受験の資格は大学卒業程度の学歴、薄記1級の資格をもっていることです。

未成年者や禁治産者や準禁治産者の場合は受験はできません。税理士になるまでの道のりはとても複雑です。
正確な税務書類を作成するためには計算能力の高さと注意力が必要なので勉強熱心な方に向いています。

税理士は多くの資格がある中でとても人気の高い資格で多くの方が全国で活躍をしています。


年齢層は50歳以上の人たちの半分を占めていて定年退職はありません。